「価値観が合わない」という理由で人と離れた経験のある方必見。『価値観の違い』ってなんだと思いますか?

この記事でわかること

  • 価値観とは何か?
  • 価値観が違う人との接し方
  • 生きやすくなる考え方

こんにちは、WaReKaRaゼミ講師の『自分を変える専門家』ザッキーです。

「あの人とは価値観が合わない」

「あの人は私の考えを分かってくれない」

いつも同じようなことでケンカをしたり、イライラしたりしていませんか?

もう同じ価値観を共有できる人だけでいいと周囲と距離を置いてしまったり…

そんな人に今回は、

ちょっと生きやすくなる「価値観」についての考え方をお伝えしたいと思います。

そもそも価値観とは?

価値観とは「個人の考え方、自分の中で大切なこと」の基準です。

まず想像してみてください。

【例】仕事をしている最中、上司からアドバイスされました。

その時、あなたはどう感じますか?

①やった!期待されている!

②うわぁ、注意されてしまった…  

①を選んだ人 

→よし!もっとがんばろう!(+の感情)

②を選んだ人 

→もう僕なんてダメだ…(−の感情)

例のように、同じ出来事でも①と②の受け取り方では、結果が大きく変わりますよね。

それは、

①の人は「アドバイスをもらえることは良いこと」という価値観を持っていて、②の人は「指摘されることは悪いこと」という価値観を持っているからです。

このように「ある出来事が起こった時に、自分がどう受け取るかで、結果(感情・行動)が変わる」という考え方を「ABC理論」といいます。

A:Acrivating event【出来事】

B:Belief 【価値観・信念・思い込み】

C:Consequence【結果】

自分の解釈や思い込みが、その後の感情や行動を良い方向へも悪い方向へも導いてしまうので、ABC理論は「自己肯定感」を左右する概念とも言えます。

では、最も重要な「B:価値観」はどのように形成されるのでしょうか?

価値観は違って当たり前

価値観とは、生まれ育った環境や今までの経験、触れてきた情報等で決まります。

例えば「家事は女性がするべき」という価値観を持っている人は、亭主関白な家庭で育ったかもしれないし、テレビや漫画の影響もあるかもしれません。

その場合、男性は家事を女性に任せるでしょうし、お願いされたとしても、“仕方なく手伝ってあげた”という感覚でしょう。

お願いした女性からすれば、なんでそんな態度なんだろう?とイライラするし、男性側も仕事を押し付けられて迷惑だと感じますよね。

反対に、父親が料理や洗濯などを好んでする家庭で育ったり、兄弟で平等に分担してきた経験がある場合、「家事は女性の仕事」というような価値観は生まれにくいでしょう。

本人に悪気などなくて、環境や経験がその人の価値観を形成しているのです。

また、同じ環境で育った家族や兄弟でも価値観が違うことはありますよね。

全く同じ物を見て、全く同じ経験をすることが出来ないからです。

そうなると尚更、異なる環境で育ってきた人と人が、同じ価値観でいることは難しいですよね。

価値観が合わないという理由で人を遠ざけても、結局また違う価値観の人と出会います。

転職しても、価値観が合わない人はきっとまた職場に現れます。

それは、あなたと同じ価値観の人などいないからです。

価値観の違いを受け止めよう

自分が当たり前と思っている価値観が、相手にとっても当たり前とは限りません。

価値観が合わないから離れるのではなく、まずは違いを受け止めてみましょう。

そして、どこまでだったら許容できるのか、考えてみませんか?

相手を変えるよりも、自分が変わるほうが遥かに簡単です。

例えば、10分前行動すべきという人は、相手が1分でも遅刻すればイライラするし、どうして遅刻するのか理解できないと思います。

もしかすると、平気で遅れる人は、5分以内だったらOKというルールで生きてきたのかもしれません。

時間を守らない相手にイライラするのではなく、まず違いを受け止めて考えてみましょう。

試験や会議など絶対に遅刻NGな場合、集合時間を早めに伝えたり、理由を説明して10分前に来てもらったりはできると思います。

相手の価値観を変えなくても、自分の考え方を少し変えるだけで、イライラがなくなって、お互いの気持ちが楽になりますよ。

「私はこう思う」と素直に伝え、お互いの妥協点や許容範囲を話し合うことも大切です。

それでも悩む方は自分の価値観を見直していこう

それでも他人との価値観の違いに悩む方もいると思います。

自分のことを分かって欲しいと思う方もいるでしょう。

もしかすると、あなたは「べき」という価値観に縛られてしまっているかもしれません。

〇〇しなければいけない、〇〇しないとダメだ…という価値観は自分を追い込んでしまい、同時に相手のことも追い詰めてしまいます。

自分の中にある「べき」という価値観を手放して、「〇〇という考え方もありかも!」と思えると、ちょっと生きやすくなります。

きっと、人間関係も変化していくはずですよ。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

もしあなたが、

「変わりたいけど変われない」と一人で悩んでいるなら、お気軽にご相談ください^^

ご質問やお悩みのご相談なども受け付けています

記事に関するご質問、記事とは関係なく今あなたが抱えているお悩みのご相談なども、下記のお問い合わせページからご対応可能です^^

" これからのあなたの人生で今日が一番若い日 " です。

今後の人生をよりよくする、あなたが変わるきっかけになれたら嬉しいです(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です